2019年11月1日 鳥取市幸町に開院

2020年4月には、『整形外科』『リハビリテーション科』を新設します。

Web予約受付 眼科の再診の方のみこちらからご予約できます

ごあいさつ

2002年に鳥取市吉成にかわぐち皮膚科を開院し、地域の皆様の支えにより17年間鳥取県東部~兵庫県但馬地方を中心とした皮膚科診療に携わって参りました。

2019年11月1日からは眼科を新設し、「かわぐちクリニック」として鳥取市幸町に移転開院する運びとなりました。また2020年4月より整形外科、リハビリテーション科も新設いたします。

かわぐちクリニックはこれまでの患者様にお気軽にお声かけいただける雰囲気を大切に、眼科疾患、皮膚科疾患、運動器疾患の治療を通してより広く皆様の健康維持のお手伝いをし、地域医療に貢献させていただきたいと考えています。

安心・安全・確実な医療を求めて、職員一同鋭意努力して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

医療法人社団かわぐちクリニック

院長 川口 俊夫

診療科のご紹介

眼科

一般眼科診療をはじめ、コンタクトレンズ・眼鏡処方も随時行います。

視力低下、かゆみ、目やに、充血、ドライアイ、飛蚊症などの様々な目の症状のほか、緑内障の診断治療、糖尿病などの生活習慣病に対する眼合併症の検診、網膜レーザー治療、学校検診後の相談など、眼について気になることがございましたら何でもお気軽にご相談ください。

病気の治療のためには早期発見、早期治療が重要です。また、定期的な診察も大切です。 約17年間眼科医として地域の基幹病院に勤務してきた経験を生かし、病気の発見や治療に努めて参ります。

皮膚科

皮膚科疾患は、軽微なものから心へのダメージも大きい病気まで幅広く存在しますが、薬さえ塗ればよくなると誤解されていることが多々見受けられます。その中にアトピー性皮膚炎、慢性湿疹などがあり、患者様に日常的なケアの大切さを基本から理解し、コントロールしていただくことが私のライフワークです。

また、やけどなどの外傷、腫瘍、まれな疾患に対しても細心の注意で診療にあたり、中核病院とも連携して、皮膚科専門医としての責務を果たして参ります。

医師のご紹介

川口 亜佐子

眼科/副院長

略歴

2002年
鳥取大学医学部医学科卒業
鳥取大学医学部附属病院、鳥取県立中央病院、山陰労災病院 にて勤務
2013年
鳥取県立中央病院眼科(医長、部長)
2019年11月
医療法人社団かわぐちクリニック副院長就任

所属・資格

  • 医学博士
  • 日本眼科学会認定眼科専門医
  • 鳥取県医師会指定学校医
  • 日本眼科学会
  • 日本角膜学会
  • 日本眼感染症学会

川口 俊夫

皮膚科/院長

略歴

1975年
鳥取大学医学部医学科卒業
鳥取大学医学部附属病院 ほか関連病院勤務
1987年
鳥取県立中央病院皮膚科(医長、部長)
2002年7月
医療法人社団かわぐち皮膚科院長
2019年11月
医療法人社団かわぐちクリニック院長就任

所属・資格

  • 医学博士
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本皮膚科学会
  • 日本臨床皮膚科学会

クリニックのご紹介

かわぐちクリニック完成イメージ
名称
医療法人社団かわぐちクリニック
住所
〒680-0823 鳥取県鳥取市幸町95-1
TEL
0857-30-0020
診療科
眼科・皮膚科
2020年4月に、『整形外科』『リハビリテーション科』を新設します。)
休診
木・土曜日午後、日曜、祝日
診療時間
9時〜12時30分、14時30分〜18時
  • *受付時間は17時30分までとなります。
  • *眼科で初めてコンタクトレンズ・眼鏡処方の受付をされる方は診察終了1時間前までにご来院ください。
診療時間